ISTU:東北大学インターネットスクール ISTUのよくあるご質問

ISTUのよくあるご質問 / ISTU System FAQ

日本語版はこちら
For English ver. Click here

質問

答え

ISTUのガイドが欲しい。
教職員:こちらをご覧ください。
学生:こちらをご覧ください
ISTUの動作環境を知りたい。
Windows7以降
Internet Explorer 11
Firefox
Google Chrome
正式サポートではありませんが、Microsoft Edgeでも正常動作を確認

MacOS X 10.11以降
Safari
Firefox
Google Chrome

ios9以降
Safari

Adnroid4.4以降
Google Chrome
受講申請の設定方法が知りたい。
教員の方の設定手順はこちらをご覧ください。 ■For English ver. click here
教員の方が学生からの申請を承認する手順は こちらをご覧ください。 ■For English ver. click here

学生の方の申請手順はこちらをご覧ください。 ■For English ver. click here
(学生向けスマートフォン版はこちら ■For Smartphone user, click here
受講生を追加したい。
「CSVファイル」を使って、一覧を一括登録する方法はこちらをご覧ください。 ■For English ver. click here
個別で検索して登録する方法はこちらをご覧ください。 ■For Smartprohe user, click here

*学務情報システムの履修登録とは連動しておりませんのでご注意下さい。
    
東北大IDもしくはパスワードが分かりません。
学生:こちらをご覧ください。
教職員:こちらをご覧ください。
ISTUにログインしたが、授業が表示されない。
学生:履修登録がされているか、学務情報システムで確認してください。
教職員:コンテンツの提供元にご確認下さい。コンテンツ内容の管理は、ISTUのシステム担当は行っておりません。
履修登録はいつごろ反映されますか?
履修登録期間終了後、翌週の2日目頃です。
その後は、履修登録を行った翌日から翌々日に反映されます。
学外の方にISTUのコンテンツをご覧頂きたいのですが
ISTUは、システムの安定運用と、セキュリティ確保のため、学外の方の利用を制限させて頂いております。
ただし、入学前の学生への教育、単位互換による他大学の学生の閲覧、これまでISTUをご利用頂いた学外向けプロジェクトの継続利用はお受けしております。申請書に記載頂き、教育情報基盤センター宛に申請を送付下さい。
レポートを期限が切れても再提出させたいのですが。
レポート課題の設定時に「回答/解答期間後の提出を許可する」にチェックしておけば、本来の期限を越えても提出は可能であり、かつ期限後の提出はレポート成績一覧で可視化されます。(「確定済」などの状態列に!マークがつきます)
ISTUの授業内容を、他の教員と共有、編集させたい。
科目用管理メニュー → 科目情報設定 → 担当教員・TA設定で対象者を追加して下さい。
詳しい操作はこちらをご覧ください。 ■For English ver. click here
ISTUの授業内容を、TAに編集させたい。
科目用管理メニュー → 科目情報設定 → 担当教員・TA設定で対象者を追加して下さい。
詳しい操作はこちらをご覧ください。 ■For English ver. click here
学生に授業の連絡をしたい。
お知らせ機能、メッセージ機能をご利用いただけます。(新規お知らせ・新規メッセージがあった際の通知メールはデフォルトでオフになっております。ご注意ください。)
お知らせ ■For English ver. click here
メッセージ ■For English ver. click here

学生の方の確認方法
お知らせ ■For English ver. click here
メッセージ ■For English ver. click here(スマートフォン版はこちら ■For Smartphone user, click here
システムからお知らせメールがいくようにして欲しい。
利用者情報から、お知らせを受信するに設定して下さい。標準では、受信しない設定になっているためご注意ください。
レポートを一括ダウンロードしたら、文字化けを起こした。
Windows7で発生します。コチラから修正プログラムをダウンロードして適用していただくか、Lhaz や +Lhaca といったフリーウェアをご利用ください。lhaplusでも文字化けする場合があることを確認しています。
授業間で同じ教材を登録する手間を減らしたい。
授業間で教材を共有できます。担当科目一覧から、共有の設定を行ってください。設定箇所はこちらをご参照ください。 ■For English ver. click here
共有には、いくつか制限がありますので、注意してください。
1 共有設定後に登録した教材のみ共有されます。
2 共有設定を行っていても、複製や移動を行った教材は、共有対象になりません。
3 年度間で複製を行った場合、複製された教材は共有対象になりませんので、共有したい場合は、再登録が必要です。
システムに登録された教材を、別の授業科目へと複製することで対応も可能です。設定箇所はこちらをご参照ください。 ■For English ver. click here
学生とディスカッションしたい
フォーラム(掲示板)や、チャット機能をご用意しております。標準では無効になっていますので、科目用管理メニュー→科目情報設定→科目情報編集から機能を有効化してください。
履修登録が終わる前は、ご利用頂けませんのでご注意ください。詳しくはこちらをご覧ください。 ■For English ver. click here

学生の方の確認方法
フォーラム ■For English ver. click here(スマートフォン版はこちら ■For Smartphone user, click here
チャットルーム ■For English ver. click here(スマートフォン版はこちら ■For Smartphone user, click here
同じアンケートを複数回回答するとどうなるか?
アンケートは、1つのアンケートに1人1つの回答のみ可能です。複数回回答した場合、最後の回答が採用されます。
履修登録期間終了前の教材の公開方法を知りたい。
履修登録期間終了前に教材を公開するには、設定が必要です。設定箇所はこちらをご参照ください。 ■For English ver. click here
登録した教材を別授業でも利用したい。
システムに登録された教材を、別の授業科目へと複製することができます。例えば、過年度で使用した教材を今年度でも使用する場合などにお使いいただけます。
設定箇所は
こちらをご参照ください。 ■For English ver. click here
他の授業科目と教材を共有したい。
複数の授業科目で同じ教材を一度に登録することができます。設定箇所はこちらをご参照ください。 ■For English ver. click here
登録してある教材を他の授業科目や年度にコピーして利用したい。
登録してある教材を他の授業科目や年度にコピーすることができます。設定箇所はこちらをご参照ください。 ■For English ver. click here
登録してある教材を学外に公開したい。
登録してある教材を学外に公開できます。設定箇所はこちらをご参照ください。 ■For English ver. click here
レポートの確定と一時保存の違いは?
確定を行うと、レポートのステータスが確定に変わり、公開設定した場合は、評価を学生が確認できるようになります。一時保存は学生から見た場合、変化ありません。
確認テストは提出後内容を確認できますか?
テストなのでできません。
確認テストで複数回答した場合はどうなりますか?
最後の提出分のみが有効となります。
配布資料の容量上限はどれくらいですか?
一度に登録可能なファイルは、10ファイル以内かつ合計容量が300MBです。

レポートとして提出可能な容量上限はどれくらいですか?
一度に登録可能なファイルは、5ファイル以内かつ合計容量が150MBです。
学生にお知らせしたい。また、誰がお知らせを閲覧したか確認したい。
お知らせの機能をご利用下さい。詳しくはこちらを参照してください。 ■For English ver. click here
一部の学生のみに知らせたい場合など、対象を個別に選ぶことも可能です。
教員、TA、CAの権限の違いは?
■教員
全ての機能を使用可能となります。
■TA
以下の機能を除いて、教員と同じ操作が可能となります。
・TAを担当している授業科目の複製、削除、共有
・確認テストの実施状況の初期化
※成績の確定処理は、TAも可能です。
■CA
成績に関わる操作や受講者へのアクション等はできません。
教材の登録削除や、成績の閲覧のみ可能となります。
以下の機能は使用不可となります。
・評価参考記録管理の重み付け設定
・成績の確定(ミニットペーパー、レポート、確認テスト)
・確認テストの再採点
・メッセージ機能の利用
・受講者の受講申請承認
・受講者の追加削除
・オブザーバーの設定
・担当教員、TA、CAの追加
簡単な編集であれば、Windows10にはビデオエディターがあります。編集のガイドはこちらをご覧ください。
アンケートをとってみたいのですがどのように使えるのでしょうか?
アンケートの結果がどのように出力されるかはこちらをご覧ください。 ■For English ver. click here
アンケートの作成は、教員向けチュートリアルの「4.9 アンケート」をご覧ください。
教職員や学生の研修でISTUを使いたいのですが。
可能です。まず、研修を提供する授業を作成し、そこにコンテンツと受講対象者を追加する必要があります。
授業の作成は、システム管理者、権限を持つ教務担当者、常勤の教員が行うことができます。
関係者がどなたも権限をお持ちでない場合は、教育情報基盤センターまでお問い合わせ下さい。
授業作成後は、
1 コンテンツ登録者を担当教員、TAとして追加する。(追加手順はこちら
2 コンテンツを登録する。(登録手順はこちら
3 対象者を受講生として登録する(登録手順はこちら)、もしくは受講申請を受ける設定を行う(受講申請の設定手順はこちら)。
の作業が必要となります。
パスワードを変えました。いつ頃反映されますか?
15分に1回更新がかかります。余裕を見て、30分程度お待ち下さい。
学務情報システムのデータを更新しました。いつ頃反映されますか?
1日1回深夜に更新されます。例外として、川内北キャンパスの収録スケジュールに関わるデータは、2時間に1回です。
教員から作業の代行を依頼されました。どうすれば良いですか?
教務向けの権限をお渡しできます。その権限があれば、利用者に変わってログインする代行ログインや、教員に変わってコンテンツ更新等の作業ができます。権限付与は、教育情報基盤センターまでお問い合わせ下さい。
受講者が動画をちゃんと閲覧したかどうか確認できませんか?
動画ファイルを教材登録する際に「受講確認」を設定することができます。「受講確認」を設定すると、教員は受講者がどのチェックポイントまで動画を閲覧したのか確認することができます。また受講者は動画を再生する際、早送り・スキップの操作ができなくなります。
教員の方の設定方法はこちらをご覧ください。 ■For English ver. Click here
学生の方の動画閲覧方法はこちらをご覧ください。 ■For English ver. Click here
(学生向けスマートフォン版はこちらをご覧ください。 ■For English ver. Click here
ISTU上で授業の出席を取りたい。
「出席確認」を設定すると、授業の出席を取ることができます。出席の回答にはISTUログインが必要です。
教員の方の設定方法はこちらをご覧ください。 ■For English ver. Click here
学生の方の回答方法はこちらをご覧ください。 ■For English ver. Click here
(学生向けスマートフォン版はこちら ■For Smartphone user, here
添削済みのレポートを受講生に一括返却したい。
ISTUの「レポート添削ファイル一括登録」機能をご利用ください。
詳しい登録方法はこちらをご覧ください。 ■For English ver. Click here
受講生ごとに異なるファイルを一括登録したい。
ISTUの「レポート添削ファイル一括登録」機能をご利用ください。
詳しい登録方法はこちらをご覧ください。 ■For English ver. Click here
オブザーバーとは何ですか?
教材の閲覧のみ可能な権限が限定された受講生です。設定方法はこちらです。 ■For English ver. Click here
学生や教職員に教材の閲覧のみを許可するにはどうしたらいいですか?
オブザーバーに設定することで、学生(もしくは教職員)に教材の閲覧権限のみを付与することができます。設定方法はこちらです。 ■For English ver. Click here
クリッカーとは何ですか?また、どのように利用できますか?
クリッカーとはアンケートの簡易版のことです。回答がリアルタイムで反映されますので、授業中でもクリッカー実行・結果の閲覧までをすぐに行うことができます。
設定方法は教員用チュートリアルの「4.5 クリッカー」をご覧ください。 ■For English ver. Click here
学生の方の回答方法はこちらをご覧ください。 ■For English ver. Click here
(学生向けスマートフォン版はこちら ■For Smartphone user, Click here